top of page

美術による学び研究会@東京2020 STEAM Festa/第3回日本・美術による学び学会【2次案内】&プレ大会アフターレポート

10月24日(土曜)に、「美術による学び研究会@東京2020 STEAM Festa」のプレ大会(予行演習)が無事終了致しました。たくさんのご参加、ありがとうございました。

こちらでは、美術による学び研究会@東京2020 STEAM Festaのプレ大会のアフターレポートと、本大会の【2次案内】をお知らせいたします。


------------------------

美術による学び研究会@東京2020 STEAM Festa

/第3回日本・美術による学び学会 東京大会開催案内

------------------------

〇日時 12月13日(日)12:00-18:00

〇内容

1 基調提案

「Artsをベースにした米国のSTEAM教育と日本の図工・美術教育のあり方」

上野行一(美術による学び研究会代表)

2実践発表

(幼稚園)

「幼児の活動の姿から見える STEAM教育の可能性」

山崎正明(北翔大学)

(小学校)

「教師も生徒も、共につくり共に学ぶー世界初!学校の中のVIVISTOPの挑戦 ー」

山内佑輔(新渡戸文化学園)

(中学校)

「プログラミングで視覚的な表現を目指した授業から~クロスカリキュラムでの取組~」

更科結希・柴田題寛・齊藤貴文・赤本純基(北海道教育大学附属釧路中学校)

(高等学校)

「『旅のことば』と第三の目」

田尻美千子(熊本県立第二高等学校)

(大学)

「未定」

大島まり(東京大学ONG)

(大学)

「東京学芸大こども未来研究所におけるSTEM教育ロジェクトの試み」

大谷忠(東京学芸大学)


(ミュージアム)

「つながる仕組み”の作り方ー病院内訪問学級と美術館の連携について 」

郷泰典(東京都現代美術館)

3 講演

「Socially Engaged Artから見たSTEAMのA」

工藤安代(NPO法人アート&ソサイエティ研究センター)

4 ブレイクアウトセッション

5 シンポジウム

発表者+小川義和(国立科学博物館)、浅野大介(経済産業省)

○会費

会費は無料ですが、https://www.art.gr.jpの右上、「当会へのご寄付」から入って、寄付をお願いいたします。寄付は任意であり、強制ではございません。

○申し込み方法

3次案内でお伝え致します。



美術による学び研究会@東京2020 STEAM Festa プレ大会アフターレポート




閲覧数:472回

最新記事

すべて表示

次回、東京大会の開催日が決定しましたのでお知らせいたします。 日時:2023年6月11日(日)時程未定 場所:国立オリンピック記念青少年総合センター・センター棟 テーマ:「beyond対話型鑑賞75年・学び研15年(仮)」 我が国の学校教育に導入されて以来、今年75年を迎えた対話型の美術鑑賞。 その普及を掲げて設立され、15年を迎える美術による学び研究会。 今回の東京大会では、鑑賞教育のこれまでを

日本・美術による学び学会 編集局です。 本日、下記の2本の論文がアップされました。 ○3巻第3号 「対話によって発想が豊かになる指導と評価に関する考察(1)  中学校美術のまちづくり題材で生徒の反応から発想の豊かさを検証する」 古川拓明(多摩市立鶴牧中学校) ○3巻第4号 「芸術統合学習としてのSTEAM教育の考察(1)  ―米国におけるSTEAM教育政策の見地から」 上野行一 (元高知大

bottom of page