​対話型鑑賞を学ぶ  BASIC

 

​このコースについて

このコースでは、美術館や学校で一般的に対話型鑑賞と呼ばれている美術鑑賞の理念と歴史、そしてその方法を紹介します。対話型鑑賞は、アート作品を活用して主体的で対話的な深い学びを促進する生徒中心の学習アプローチです。このコースは、対話型鑑賞を理解し実践する上で必要な基本を、四つのセッションによって提供するように設計されています。

 

Session1.対話型鑑賞について知ろう

到達目標 対話型鑑賞について説明できる

内容

図1.png

3本のビデオ

2.png

4件の学習用教材

1 Object-Based Learning

2 あなたにとって美術鑑賞とは? 

3 鑑賞の四つの型のマトリックス

4 文部科学省の学習指導要領と対話型鑑賞

Session 2. VTC・VTS的アプローチを学ぶ

到達目標 VTCとVTSの違いについて説明できる

内容

図1.png

2本のビデオ

2.png

2件の学習用教材

1 Teaching in the Art Museum

2 パーソンズとハウゼン

Copyright © 美術による学び研究会. All rights reserved.   当講座の内容について、無断での転載等をしないでください。

 

準備中です。

Session 3. 意味生成的アプローチを学ぶ

Session 4. 探求的アプローチを学ぶ