top of page

日本・美術による学び学会 学会誌ページに『コロナ禍のミュージアム』エッセイを掲載しました



美術による学び研究会が発行しているメールマガジン(=会員限定公開)では、コロナ禍における美術館の対応が様々に報告されています。 これらは、まだまだ続くコロナ禍での参考資料になりますし、歴史的資料にもなると、日本・美術による学び学会は考えました。

そこで学会誌ページに、2巻『コロナ禍のミュージアム』としてエッセイ3編を掲載いたしました。

ぜひ、多くの方に読んでいただきたいと思います。 https://www.art.gr.jp/jsla-journal-artmanabi

閲覧数:55回

最新記事

すべて表示

次回、東京大会の開催日が決定しましたのでお知らせいたします。 日時:2023年6月11日(日)時程未定 場所:国立オリンピック記念青少年総合センター・センター棟 テーマ:「beyond対話型鑑賞75年・学び研15年(仮)」 我が国の学校教育に導入されて以来、今年75年を迎えた対話型の美術鑑賞。 その普及を掲げて設立され、15年を迎える美術による学び研究会。 今回の東京大会では、鑑賞教育のこれまでを

日本・美術による学び学会 編集局です。 本日、下記の2本の論文がアップされました。 ○3巻第3号 「対話によって発想が豊かになる指導と評価に関する考察(1)  中学校美術のまちづくり題材で生徒の反応から発想の豊かさを検証する」 古川拓明(多摩市立鶴牧中学校) ○3巻第4号 「芸術統合学習としてのSTEAM教育の考察(1)  ―米国におけるSTEAM教育政策の見地から」 上野行一 (元高知大

bottom of page