AIトーク

三菱1号館美術館で探究型美術鑑賞AIトークが10月29日、11月26日に実施されました。AIトークは一つのテーマのもとに作品を鑑賞し、鑑賞を通して来館者がテーマについて探究するものです。探究型美術鑑賞は、MoMA、グッゲンハイム美術館、メトロポリタン美術館、ホイットニー美術館など、アメリカ東海岸のメジャーな美術館でおこなわれている最新の鑑賞法です。今回の試みは美術館における来館者向けの探究型美術鑑賞として日本初となるものです。AIトークは、美術による学び研究会と三菱1号館美術館の前田真奈美さん石神森さんとの共同開発によるものです。

閲覧数:187回

最新記事

すべて表示

美術による学び研究会よりお知らせです。 オンライン講座「対話型鑑賞を学ぶ BEGINNER」について、以下7本のVTRができましたのでお知らせいたします。 Session1.美術鑑賞の基本を学ぶ 1.美術鑑賞とは? 2.意味生成型の鑑賞について 3.美術鑑賞のための4つのツール 4.美術作品を観察する 5.想像力を働かせて鑑賞する 6.五感を活用して鑑賞する 7.小学校・美術館での授業事例 上記の

美術による学び研究会@仙台/第4回日本・美術による学び学会を、2021年10月2日(土)〜3日(日)に開催予定です。 対面開催が可能となる場合は会場を宮城教育大学で、オンラインとのハイブリッド開催にする予定です。 詳細は改めて告知いたします。みなさま、どうぞご予定に入れておいてください。