美術による学び研究会@東京2020 STEAM Festa/第3回日本・美術による学び学会 開催案内(最終案内)

美術による学び研究会@東京2020 STEAM Festa/第3回日本・美術による学び学会 東京大会の【最終案内】を送らせていただきます。


当会ホームページにて、大会への参加の申し込みを開始しました。 長時間での開催ですが、お好きなパートを選んでの参加でもかまいません。


申し込み締切は12月8日(火)   〆切日を一週間延長しました!

定員は270名です。定員に達しましたら、12月8日(火)の前に締め切ります

たくさんのご参加、お待ちしております。


【申し込みについて】

このページの上部にあります、黄色い「@東京2020 STEAM Festa 参加申し込み」ボタンからお申し込みください。

なお、大会には「美術による学び研究会」会員の方のみが参加できます。

非会員の方は、必ず「美術による学び研究会」への入会手続きをお願いいたします。


また、会費は無料ですが、一口1000円より寄付を受け付けております。

寄付は任意であり、強制ではございません。


※美術による学び研究会および日本・美術による学び学会の諸活動に要する費用は、大会参加費および学会誌の頒布(=申込制)で賄っており、通常の会費は無料で運営しております。

頂きましたご支援は、当会の運営および各種活動に役立たせていただきます。広く、みなさま方のご支援をお待ちしております。

------------------------

美術による学び研究会@東京2020 STEAM Festa

/第3回日本・美術による学び学会 東京大会開催案内

------------------------


〇日時 12月13日(日)12:00-18:00

〇内容


1 基調提案

「Artsをベースにした米国のSTEAM教育と日本の図工・美術教育のあり方」

上野行一(美術による学び研究会代表)


2実践発表

(幼稚園)

「幼児の活動の姿から見える STEAM教育の可能性」

山崎正明(北翔大学)


(小学校)

「教師も⽣徒も、共につくり共に学ぶーものづくりを中⼼とした新しい⽂化を創るー」

山内佑輔(新渡戸文化学園)

(中学校)

「プログラミングで視覚的な表現を目指した授業から~クロスカリキュラムでの取組~」

更科結希・柴田題寛・齊藤貴文・赤本純基(北海道教育大学附属釧路中学校)

(高等学校)

「『旅のことば』と第三の目」

田尻美千子(熊本県立第二高等学校)


(大学)

「次世代育成のためのSTEAM教育プログラムの開発」

大島まり(東京大学ONG)

(大学)

「東京学芸大こども未来研究所におけるSTEM教育ロジェクトの試み」

大谷忠(東京学芸大学)

(ミュージアム)

「つながる仕組み”の作り方ー病院内訪問学級と美術館の連携について 」

郷泰典(東京都現代美術館)

3 講演

「Socially Engaged Artから見たSTEAMのA」 工藤安代(NPO法人アート&ソサイエティ研究センター)

4 ブレイクアウトセッション

5 シンポジウム

発表者+小川義和(国立科学博物館)、浅野大介(経済産業省)

○会費

会費は無料ですが、一口1000円より寄付を受け付けております。

寄付は任意であり、強制ではございません。

○申し込み方法

このページの上部にあります、黄色い「@東京2020 STEAM Festa 参加申し込み」のボタンからお申し込みください。

お申し込みいただいた後、大会事務局(manabiken.tokyo@gmail.com)より受付完了メールをお届けいたします。 お申し込み後1週間を過ぎてもメールが届かない場合は、大会事務局までお問い合わせください。


最新記事

すべて表示

対話による鑑賞の動画のご紹介

美術による学び研究会より、岡江慎一郎氏(映像作家/アニメーション作家/音楽家)の動画作品『さくひんのミカタ?』をご紹介します。 こちらの動画は去年の「あいちトリエンナーレ」で使われた学校・団体向けの事前指導アニメで、対話による鑑賞の方法、美術館の歴史、作品鑑賞のマナー等を、歌と動画で楽しくわかりやすいかたちで解説してくれています。約4分半の動画です。 動画がアップされている岡江慎一郎氏のYouTu

J-STAGEでも学会誌掲載論文が閲覧できます

日本・美術による学び学会は、国立研究開発法人科学技術振興機構の審査を受け、学術機関として採択されましたので、J-STAGEで学術誌を公開できるようになったことをご報告いたします。 学会誌「美術による学び」ページ下部より、J-STAGE「日本・美術による学び学会」のページに遷移できます。 詳しくは学会誌「美術による学び」のページをご確認ください。 なお、J-STAGEの検索ページから論文を検索さ

美術による学び研究会への入会を希望する方は下のボタンをクリック!​

Copyright © 2019-2020 美術による学び研究会. All rights reserved.