【会員活動報告】考古学の復元イメージに「さわって鑑賞する」展示の企画制作

考古学の復元イメージとして縄文時代の暮らしや環境などを描くことを専門にしている安芸早穂子会員より、活動報告です。


古代には写真がなく、考古学研究の成果としての復元イメージは博物館や教科書などで多用され、一般の方々に先史時代の風景や暮らしを伝える数少ない分野です。

現在、大阪府吹田市万博公園にある国立民族学博物館で開催中の特別展「ユニバーサルミュージアム―さわる!”触”の大博覧会」のセクションⅡ「風景にさわる」において、安芸会員が「貝塚の樹-縄文時代の風景と地層にさわる」の企画制作に携わっています。

視覚障害のある方をはじめ子どもたちや縄文時代に関心のなかった方々にも、世界共通に発掘される先史時代の道具の象徴として掘り棒と石斧にさわり、石斧で切ったクリの木にさわり、また石斧で木を切る音をサウンドスケープとして聴きながら、人と樹木が長らく結んできた関係についてイメージを膨らませる試みをしています。

また、触感を変えた地層、和紙で表現した樹皮、木をレーザーカッターで切り出して表現した人物、動物たちなども触られるのを待っています。


参考:日経新聞電子版記事

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCD029M40S1A900C2000000/

閲覧数:71回

最新記事

すべて表示

美術による学び研究会はこの度、文化庁文化審議会文化政策部会における第2期文化芸術推進基本計画の検討に際し、9月6日(火)13:00-15:30開催の文化審議会第20期文化政策部会(第4回)にて、文化芸術団体ヒアリングに参加することとなりました。 内容は、次期文化振興基本計画に盛り込む内容に関しての提案(美術教育の現状の課題と学び研の取り組み、国への期待等)になります。 文化審議会第20期文化政策部