【会員活動告知】気候危機に向き合う10代の若者による詩作とパフォーマンス企画《クライメート・スピークス》参加者募集中!

美術による学び研究会の会員によるプロジェクト開催に関する情報を送らせて頂きます。

中学生・高校生を対象とし、アートにより地球環境問題にアクションを起こすことを目ざしたプロジェクトです。


◆◆「気候危機に向き合う10代の若者による詩作とパフォーマンス企画《クライメート・スピークス》参加者募集中」◆◆


いま世界中で緊急の課題となっている気候危機をテーマに、10代の若者による詩作と朗読パフォーマンスのプログラム《クライメート・スピークス》を、本年5月から9月にかけて実施いたします。現在、参加者(先着40名)を募集中です。詳細は、特設サイトをご覧ください。


クライメート・スピークス 特設サイト(参加申し込みはこちらからお願いいたします)

https://climatespeaks2021.com/


弊法人のホームページにもプロジェクト紹介記事を載せております。

https://www.art-society.com/project/climate_speaks_2021.html


★★★

特定非営利活動法人アート&ソサイエティ研究センターは「アートのソーシャルなあり方を考える」をミッションに、地域や社会に深く関わる国内外の芸術活動を調査・研究・記録するとともに、国内における実践を支援している芸術団体です。

閲覧数:40回

最新記事

すべて表示

福島県にございます諸橋近代美術館よりお知らせです。 諸橋近代美術館では、Zoomを使った無料のオンライン講演会【モろ美大學 第8回「美術/アートにおける虚と実」】を 開催します! 第8回目となる今回は、美術教育の研究者で社会とアートの関係についての研究や実践に取り組む神野真吾氏を講師にお迎えし、「美術/アートにおける虚と実」をテーマにご講演いただきます。 神野氏は山梨県立美術館学芸員として11年間